防災グッズ

地震防災に役立つ様々な防災グッズを紹介しています



避難用品

防災設備

避難を支援したり、被害を軽減させる設備

避難を支援する防災設備や、被害を軽減させるための防災設備について。
こちらでは自分で簡単に設置できるものや、設置不要の簡易設備をご紹介します。


あくんだぁ

あくんだぁ

歪んで開かなくなったドアを押し開けます。お年寄りからお子様まで、安心して使用出来ます。

参考価格 \12,600

避難用 ロープはしご

避難用 ロープはしご

多様なサイズ、オプションや格納庫も豊富

参考価格 \20,370~

ステップダン2

ステップダン2(2階用)

日本消防設備安全センター評定品。ロープ式避難はしご。

参考価格 \9,980

ステップダン2

ステップダン2(3階用)

3Fから脱出可能なロープ式避難はしご。

参考価格 \11,800

レスキューはしごくん

レスキューはしごくん 2F用 Aタイプ(手すり型)

横揺れを最小限に抑えた、安全に降りやすい構造。フック付で手すりに取付け。

参考価格 \36,750

レスキューはしごくん

レスキューはしごくん 2F用 Bタイプ(窓枠型)

横揺れを最小限に抑えた、安全に降りやすい構造。窓枠取付けタイプ。

参考価格 \37,800

レスキューはしごくん

レスキューはしごくん 3F用 Aタイプ(手すり型)

横揺れを最小限に抑えた、安全に降りやすい構造。フック付で手すりに取付け。

参考価格 \46,200

レスキューはしごくん

レスキューはしごくん 3F用 Bタイプ(窓枠型)

横揺れを最小限に抑えた、安全に降りやすい構造。窓枠取付けタイプ。

参考価格 \45,150

 

Yahoo!知恵袋

Web Services by Yahoo! JAPAN


詳しい方、ご教授下さい。 無線に関してですが、無線の送受信機を操作できるのは無線従事者免許を持つ人で、送信設備には免許状を掲出する事になっていますが、とある団体は無線従事者免許を 有する者もおらず、送信設備に免許状の掲出すらありません。 毎日、自治体の防災無線と同じスピーカーから放送しています。 防災無線は必ず「こちらは防災〇〇です」と言ってから放送しますが、団体の放送は別の言葉から放送が始まります。 電波法に抵触ないのでしょうか。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10172116355

私の家の離れの一軒家にて、民泊を本格的に行うために保健所に簡易宿泊所の認定申請を今行っています。 条件は全てクリアしているので、本日まず消防署の査察を受けましたが、家屋、設備の問題で一つだけ、全ての部屋や階段に「特定小規模施設用自動火災報知器」を付けるように指摘を受けました。 色々調べたところ、この報知器はもちろん家庭用の安めのヤツではダメで、連動して警報を鳴らすもので平均的にネットで安くても一つ¥12000前後します。私の家屋は多分6個は付けなくてはいけないので安く仕入れてもそれだけで7万以上は掛かってしまいます。まあそれはしょうがないとしても、市内の防災工事会社に5~6件に費用の見積もりを当たっていますが、ある会社に装置は私の方で買うから、それの設置と消防署への報告書等の作業をやってくれと相談しましたら、10万かかると言って来ました。 保健所の簡易宿泊所の申請費用で少なくとも¥23000掛かりますので総体的に20万位はこの申請で掛かってしまう事になります。 それはしょうがないだろう、、と言われてもかなりきつい出費です。 なるべく削ると言いますと、防災設備士の費用の10万ですが、そんなに掛かるものでしょうか?。 もちろん他の数社にも見積もりをさせて、一番安いところに頼みますが、別になんとか出来るだけその辺を安く済ませるテクニックはありませんでしょうか?。 この道のプロの方、お知恵を拝借させてください。お願い致します。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11172093941

『前橋地裁判決 全国初「国にも責任!」今後の多くの裁判はどうなる?』2017/3/18 ⇒ 国にも責任があるのは、誰が考えても当たり前では? 日本の裁判官には、政府・自民党とは違って、まだ正義が残っている? 今後の多くの裁判はどうなる? → 事故収束/賠償の莫大な費用のほとんどを国民の税金で賄わざるを得ないという事実は、 「原発の経済合理性/採算性が全く存在しない!」事を証明している。 → すでに、あらゆる観点から原発は完全に不要になっている。 原発を維持すれば、日本経済に莫大な損失が発生し続けるだけだ。 ⇒ もういい加減に、原発は速やかに全て廃止宣言すべきでは? ⇒ 今もまだ原発を再稼働して維持しようとする「自民/公明/電力総連」の議員には、決して投票してはいけないのでは? ・・・ 『東電旧経営陣の刑事裁判に影響も 国に賠償命じる判決』2017/3/18 朝日 「福島第一原発で起きた事故について、前橋地裁は「想定外ではなく、対策を取ることができた」と東京電力と国の責任を厳しく指摘した。判決を受け、それぞれ対応を迫られることになる。東電の旧経営陣が強制起訴された刑事裁判にも影響を与えそうだ。 東電社内には「厳しい判決だ」(幹部)との受け止めも広がる。判決は、津波対策の必要性を感じつつ取り組まなかった点を「経済的合理性を安全性に優先させた」と指摘。2002年から予見できたとした電源喪失時の対策は「約1年で実行可能」とし、怠慢さも認定した。 政府内にも衝撃が走る。従来の法制で、原発事故の国の責任は「社会的」「道義的」にとどめ、東電の資金不足に無利子でお金を貸すなどの「援助」に限ってきた。菅義偉官房長官は判決後の記者会見で「対処方針を検討していくことになるだろう」と述べた。 経済産業省は昨年、東電の賠償費を従来想定の5・4兆円から7・9兆円に増やした。増加分には新たに電気代に上乗せする国民負担2・4兆円も含まれる。判決は、国と東電の賠償責任は同等としており、賠償と国民負担の議論に影響を及ぼす可能性もある。 原子力規制委員会も21日夕に臨時会議を開き、今後の対応方針を協議すると決めた。旧原子力安全・保安院時代の対応や判断を改めて確認し、判決内容を精査する方針だ。 ■「国も対策命じるべきだった」 非常用の設備を浸水させる津波が見込まれたのだから、まず対策を取るべきだった。しかも、それは難しくなかった。国も対策を命じるべきだった。今回の判決はこう指摘する。 福島第一原発の主な施設は高さ10メートルの敷地に立つ。原子炉の冷却に必要な電気を送る配電盤や非常用発電機は地下にあった。1991年には1号機で水漏れ事故による浸水が起きており、東電は対策の重要性を認識していたはずだった。 裁判で焦点になったのが、2002年に国の地震調査研究推進本部が公表した長期評価。防災に生かすため、その時点の知見を地震学者がまとめたものだ。三陸沖から房総半島沖のどこでも、津波を伴うM8級の地震が起こるとの見解だった。 福島沖が震源の同様の津波は過去に知られておらず、学者の一部に地震のエネルギーがたまっていないとの見方もあったため、東電は裁判で「長期評価は具体的な根拠がない」と主張した。だが、判決は長期評価が学者の見解の「最大公約数」であることを重視。長期評価から計算すれば、数カ月後に浸水の可能性を認識できたと指摘した。 千葉地裁での同様の訴訟でも、元原子力規制委員の島崎邦彦・東京大名誉教授(地震学)が「長期評価から計算すればすぐに分かり、有効な手立ては打てたはず」と証言していた。 東電が長期評価をもとに津波を計算したのは6年後の08年。結果は15・7メートルだったが、仮定の震源をもとにした試算と位置づけ、対策を講じないままだった。 判決は、設備を高い場所に移していれば事故は起きなかったと指摘。電源車の配備などの暫定的な対策は1年でできたと断じた。 国も06年の指針改訂で津波対策を明記しながら、地震の揺れ対策のチェックを優先した。判決は、浸水の可能性があり、東電の自発的な対応が見込めないなら、口頭の指示でなく命令を出すべきだったとした。 電力会社には、十分な証拠がなければ対策を取らない風潮があった。判決は、原発は常に安全側に立った対策を取るべきだと指摘。M9級の地震を予見できなくても、取れる対策はあったとの考え方を示した。 ■「踏み込んだ判断、議論深まる」 あるベテラン裁判官は「踏み込んだ判断で、電力会社と国のかなり高い安全配慮義務が前提だ。各地の原告はこれを基に主張を組み立てるだろう。各地裁がそれぞれの判断を出し、議論が深まっていくのでは」と述べた。 別の裁判官は、勝俣恒久元会長(76)ら東京電力の旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された刑事裁判の検察官役指定弁護人の主張にも影響する可能性がある、と指摘する。」 ※

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13171869393

設備 防災のご購入はこちらから

防災グッズのご購入は下記ボタンからどうぞ。当サイトでは、防災グッズのご紹介のみを行なっておりますので、ご購入や商品に対するお問い合わせは、お取り扱いのオンラインショップ各店舗さまによろしくお願い致します。

楽天 amazon ヤフーショッピング
  • 前のページへ
  • 次のページへ
  • ページ先頭